なぜ光で脱毛できるのか?その仕組みとは?|男のための脱毛器マメ知識

レイボーテの効果・
口コミ情報まとめ

このページは、男のための脱毛器マメ知識「なぜ光で脱毛できるのか?その仕組みとは?」に関する記事です。男向けの脱毛器に関する記事って、なかなか少ないですよね。ですから、このサイトではそういった悩みを抱えている方のために、「男のための脱毛器に関する情報」をお届けしています。

なぜ光で脱毛できるのか?その仕組みとは?

多くの毛深い男性たちにとって、ムダ毛は大きな悩みの種です。
顔はもちろんのこと、暑い季節に露出する機会が多くなる腕や足、服を脱いだらバレてしまう胸毛や腹毛も、気を使わなくてはなりません。
しかし、いざ脱毛をしようと決めた時に、脱毛サロンに行くのは抵抗があるという男性も多いはず。
そんな方には、家庭用の脱毛器がオススメです。
家庭用脱毛器にも様々な種類がありますが、光を肌に照射するタイプの「フラッシュ式脱毛器」が一番普及しているタイプの脱毛器です。
今回は、「フラッシュ式脱毛器」ってなに? っていう人のために、光で脱毛できる仕組みを詳しく説明していきたいと思います。

【光で脱毛?】

光で脱毛する仕組みに、疑問を持っている方は多いと思います。
なぜ光を照射することで脱毛できるのか、よくわからないまま脱毛器を使う事にモヤモヤしたので、光で脱毛できる仕組みを調べてみました!
きちんと仕組みを理解して、効率よく脱毛を進めましょう。
まず、光脱毛の光は、黒いものだけに反応するようになっています。
この光で狙う場所は、毛が作られている「毛根部」です。
肌の下にあるこの黒い毛根部に、光が照射されると毛根部はダメージを受けます。ダメージを受け続けた毛根は、次第に細く弱い毛しか作れないようになっていきます。
フラッシュで毛根にダメージを与え続けるうちに、やがて毛根は「毛」を作れなくなっていきます。これが光による脱毛の仕組みです。

【光での脱毛のやり方は?】

使用する前に、まずは光での脱毛の注意点をしっかり頭に入れてから始めましょう。
先述したように、光は黒いものに反応する仕組みとなっているため、ほくろや濃いシミにも反応します。
クリニックやサロンでは、小さなシールなどを貼って、毛根以外の部分を保護してから脱毛します。
そうしないと、フラッシュが過剰に反応して皮膚がやけどのような状態になったり、シミが余計に濃くなってしまったりする場合があるからです。
日焼けした肌に使用するのも危険です。
肌全体が黒くなっている場合、フラッシュが肌にまんべんなく反応してしまう事が考えられる上、そもそも日焼けとは肌がダメージを負っている状態なので、刺激に敏感になっています。
せっかく照射しても、肝心の毛根部には届かず肌全体にエネルギーが分散してしまい、強い痛みが伴う上に効果は全く期待できません。
上記の理由から、多くのクリニックやサロンでも「日焼けした肌には照射ができない」と説明されるはずです。
最後に、伸びたままの毛も要注意です。長く伸びた毛に照射しても、毛が焦げるだけで効果は得られません。照射前にある程度剃毛し、肌の表面に毛がない状態にしてから使用しましょう。

最後に。。。

ついつい面倒くさくて、注意事項など読まずに脱毛を開始したくなる気持ちもわかりますが、効率よくまた肌トラブルを起こさないためにも、注意点をしっかり理解してから脱毛を始めるようにしましょう。

その他の男のための脱毛器マメ知識