脱毛の痛みを徹底比較!痛みを緩和させる方法もご紹介|男のための脱毛器マメ知識

レイボーテの効果・
口コミ情報まとめ

このページは、男のための脱毛器マメ知識「脱毛の痛みを徹底比較!痛みを緩和させる方法もご紹介」に関する記事です。男向けの脱毛器に関する記事って、なかなか少ないですよね。ですから、このサイトではそういった悩みを抱えている方のために、「男のための脱毛器に関する情報」をお届けしています。

脱毛の痛みを徹底比較!痛みを緩和させる方法もご紹介

最近はムダ毛のケアにも気を遣う男性が増えていますよね。 脱毛と一口に言ってもその方法は様々あります。 今回は脱毛の方法別に痛みの違いと、それを緩和する方法をご紹介します。

光脱毛

メラニン色素に反応する波長の光をムダ毛に照射することでムダ毛の毛母細胞にダメージを与えて脱毛する方法。 複数の波長の光を広範囲に照射するので、脱毛中は温かさを感じる程度で痛みも輪ゴムではじかれるようなチクっとした痛みです。

医療レーザー脱毛

こちらも光脱毛同様にメラニン色素に反応する波長の光をムダ毛に照射していく方法です。 ですが、単一の波長の光を集中的に集めて照射するので光脱毛よりも威力は上です。 そのため、脱毛中はやや熱さを感じる人もいます。 また、痛みも光脱毛に比べて強く、突き刺すような痛みがあります。

ニードル脱毛

こちらは直接、毛の生えている毛穴部分に極細い針を刺して、その針に電流を流して脱毛する方法です。 光脱毛やレーザー脱毛はメラニン色素に反応させるため、細い毛や白髪には効果の薄い方法ですが、ニードル脱毛は毛穴に直接針を刺すので細い毛や白髪にも対応できます。 痛みの程度は、電気の走るビリビリした感じがあるので上記の2つに比べると強いです。

痛みの緩和方法

肌は乾燥している方が基本的に痛みを感じやすくなるので、施術箇所の保湿を心掛けてください。 また、施術当日には体調を万全にしておくことも重要です。 風邪気味であったり、二日酔い、睡眠不足などの場合は肌が敏感になりやすく痛みを感じやすくなるので気をつけましょう。 それからカフェインを控えることも痛み対策のひとつとなります。 カフェインは神経を過敏にするので痛みを感じやすくなるので、施術当日はコーヒーなどカフェインの摂取は控えましょう。 そもそも脱毛する部位によっても痛みの感じ方は違ってきます。 特に神経に近くて最も痛みを感じやすいとされる鼻の下のひげ脱毛は痛みを強く感じます。 また、ビキニラインも皮膚が薄いデリケートな部分なので痛みが強いです。 前述の通り、脱毛の方法によっても痛みの程度が違ってくるので、施術の箇所に合わせて脱毛の方法を考えたいですね。 サロンによっては冷却機能の付いた機械を使用しているところや、麻酔クリームなどを取り入れている所もあるのであらかじめそういった店舗を選ぶのも良いですね。

まとめ

脱毛の方法によって、痛みの程度は違ってきます。 なるべく痛みの負担を減らすには事前に体調を整えておくことや、痛みへの対策もしっかり考えられているお店を選ぶことが大切になってきます。 心配な点は事前に専門スタッフにしっかり相談しておきましょう。

その他の男のための脱毛器マメ知識